フレキシブルな強度、自在なステップ。
これからの地盤改良工事の鍵を握る資材です。

現在、一般に施工されている薬液注入工法のうち、スリーブ注入工法をはじめとするダブルパッカー工法は、改良効果・信頼性において高い評価を受けています。 このスリーブ注入工法の注入用外管として、施工品質および施工性の両面より検討を加え、開発されたのが、スリーブパイプです。 ダブルパッカーによる加圧に耐える強度を持ちながら、シールドマシーンをはじめとする推進機械に弊害を与えない、理想的な材質。 さらに、ステップ(注入)間隔数が自由に設定できるため、ますます複雑・多様化するわが国の地盤条件にも十分にお応えできるパイプです。